桂台支えあい活動記録
桂台支えあいネットワーク(連絡会)の活動記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハンドブック<文化編>交流会
 この地域で活動している団体の情報を伝えるハンドブック(冊子)を2006年から発行している。
地域の皆様に、自身にあった活動を見つけてもらい、活動を始めるきっかけになればと考え作成してきた。ハンドブックは、スポーツの団体<運動編>、料理の団体<食編>等のカテゴリに分けられている。
 今日はハンドブック<文化編>に紹介されている中から楽器演奏の団体にお声掛けして、交流会を開いた。同じような活動をしている12団体20名が集い、意見交換して、顔が見える関係づくりを図った。

 交流会は始めに、ハンドブック編集・発行元の上郷西地区支えあい・つながるプラン推進会議の塚本副会長から、「ハンドブックの情報を通じて、集まって頂いた皆さん同志のつながりがもてることを期待しています」、とあいさつがあった。

 ウクレレ演奏をされているホアピリ・レアレアの谷健三氏から「みんなで楽しく・・・」と題してお話があった。
ウクレレを弾きながら3人で登壇。演奏が終わったころには、緊張気味の会場の空気がすっかり和んだ。
そして団体名の意味、ハワイ語勉強の苦労話、ボランティアとして、訪問の家「朋」などで定期演奏をしていることをうかがい、練習は仲間たちと楽しくやる・笑顔で話せば、聴いてもらう人たちも笑顔になる・何よりも自分も楽しむ・・・これらをモットーにしているとのお話であった。

練習を楽しくするためには、ハワイアンの課題曲以外に好きな曲を持ち寄って取り組む。
最近では、朝ドラのテーマ曲を編曲して全部カバーしている。
(お話のあとになるが、AKBの「365日の紙飛行機」の演奏があり、皆で歌った。)

聴いてもらう人たちを笑顔にする心がけとしては、
皆が知っている曲を入れる。また雰囲気を見ながら柔軟に曲目を入れ変える。さらには曲の間に遊びを入れるなどの工夫をする。
演奏中は譜面台で楽器が隠れないようにする。楽器を見せることで興味を持ってもらえる。時には楽器にも触れてもらう。

演奏を交えながらの軽妙なトークに、とても感銘を受けた。きっと皆さんの今後の活動の参考になったはずだ。

その後は、各団体からそれぞれ活動を紹介して頂いた。
どのように練習しているか、練習の成果はどのようにして披露しているかなどを短い楽器演奏も含めての紹介。
多くの団体が練習の場所探しに苦労しながらも毎月楽しく練習し、ケアプラザ、地区センター、店コンなどで地域の人たちの前で演奏し、またボランティア活動にも務めておられると分かった。

ただ短時間の交流l会であったため、演奏に十分な時間が割けず、披露する側、聴く側ともに心残りの様子だった。
3グループに分かれての自由討議、歓談の中でも、そのような話が出て、次回からは何らかのテーマを決めて、それに沿った曲目を演奏しあえたらなら、もっと楽しい交流会、また互いに刺激になるとのご意見があった。

交流会を通じて、「顔の見える関係づくり」ができたと思う。つながった団体同志がコラボして、どこかで演奏会が開かれる予感も得られた。

各ハンドブックは、
ここをクリック
すると、アクセスできます。


左:開会の挨拶(塚本副会長)、右:お話をされる谷健三氏

左:ホアピリ・レアレア、右:おかりな・どるちぇの皆さん

左:そよかぜ友の会、右:3グループに分かれて情報交換



スポンサーサイト


第10回ぬくもりが開催されました
第10回ぬくもり(H26/3/16)
やっと春らしい陽気になって、桂台ケアプラザ前の桂台中学の早咲き桜(玉縄桜?)が咲き始めた今日、第10回ぬくもりが開催されました。

プログラム

第10回の記念大会とあって、上記プログラムからのように数多くの催し物が企画されました。
一部を紹介すると、
・展示スペース:上郷小学校の子供たちが製作した多色刷り版画や上郷、桂台、庄戸の各中学校の生徒さんの書道の展示。

CIMG4020 (500x375) CIMG4002 (500x375)

・防災コーナー:先ごろ3年目を迎えた3/11災害を忘れないための企画として、衝撃の映像、家具転倒の防止器具、防災グッズの展示。
CIMG4016 (375x500) CIMG4017 (500x375)


・ホール:手工芸品の展示販売会
CIMG4004 (500x375) CIMG3992 (500x375)


・お楽しみのレストランぬくもり:男性料理教室:MKS会によるランチセットの提供(中華おこわ、魚のホイル焼き、鶏ささみのゴマドレッシング、わかめスープ、ココア蒸しケーキ)。これだけ揃って250円は安過ぎます。
CIMG4024 (500x375) CIMG4009 (500x375)

・ボランティアコーナー:カブトムシを育てるグッズを作りながら学ぶミニ昆虫講座、脳トレ挑戦、ゲームなどが時間スライスで催されました。
CIMG4007 (500x375)
CIMG4041 (500x375) CIMG4049 (500x375)


 そしてメインイベントには、第10回記念にふさわしい大塚彩さんと石橋光さんによるコンサートがありました。
お二人はそれぞれシンガー・ソングライターのプロとして活躍中で、今日は忙しい中を割いてぬくもりに駆けつけて頂きました。彩さんはこの地域で育ち、16歳のころからこのケアプラザでピアノを演奏していたそうです。良く知っているおじちゃん、おばあちゃんがいる所で、また弾ける機会を得て嬉しいと話されていました。

PIC_0144 (500x281)
光さん 彩さん

 披露された曲目は、アンコール曲を含めて11曲。そのうち6曲はお二人のオリジナル曲。ほのぼのとした、またクスッとする歌詞がとても印象的でした(「ボブヘアー」、「恋のしわ」)。震災被害を被った方を気遣う歌もありました(「それだけでいいよ」)。NHKの「みんなのうた」で、放映中の「七つの海」も取り上げられました。
また観客と一緒に「上を向いて歩こう」と「ふるさと」を合唱しました。最後は観客はから大きな拍手とともに、「また来てね!」と声援がかかっていました。

彩さんのオフィシャルサイト(Youtube)で、今日の一部の曲を聴くことができます。

ここをクリック



第8回ぬくもりが開催されました
第8回ぬくもり(H25/6/16)
梅雨空の中で、第8回ぬくもりが開催されました。

ぬくもり・本日の出店・表 ぬくもり・本日の出店・裏

今回は子供たちの出番が多くなるように、企画されました。
廊下には上郷小学校1年生の絵が展示されました。
おもしろ科学探検隊の協力のもとに、すっとびロケットを手作りして飛ばしたり、またパスカルの原理を利用した玩具:浮沈子を自分たちで作る体験ができました。
子供たちだけでなく、大人たちも結構夢中になっていましたね。

 小・中学生によるHIP HOP DANCEも披露されました。
とってもキビキビした踊りで、大人が真似したら腰を痛めるに違いないと思いました。「大人たちは元気を貰って20年は寿命が延びましたね」と、司会者からコメントがありました。

HIP HOP DANCEの皆さん

 インドネシア民族楽器演奏では、アンサンブル・ペソナの皆さんによってアンコール曲を含め8曲ほどが演奏されました。
その中には会場の皆さんに竹でできたアンクルンと呼ぶ民族楽器が配られて、一緒に合奏したエーデルワイスも含んでいます。皆さん、初めてにも関わらず全員の呼吸が合い、とてもいい音色でした。

アンサンブル ペソナの皆さん


 さらには、折り紙を作ったり、矢野めぐみさんの演奏によって懐かしい歌を歌うなど、ぬくもりにお越し頂いた皆さんが見るだけでなく、参加できる企画が沢山ありました。

子供と大人たちが楽しんだ、これらの様子を動画でご覧ください。
ここをクリックしてご覧ください




いきいき趣味講座
               いきいき趣味講座第2弾
           ~ 色鮮やかなリボンがステキなストラップに変身 ~

5月26日(日)午後、いきいき趣味講座第2弾が桂台ケアプラザ2F多目的ホールで行われました。橘井寿美先生のご指導でこれからの季節にピッタリな「ネックストラップwithダイアモンドウィーブ」に挑戦です。参加者は幅広く小学生から3世代14名です。
 
まず材料の確認、2色の色違いのリボン・鮮やかな花や葉など・・完成した先生のレイを見ながら、どんなオリジナルレイが出来るのか胸ときめかせスタートしました。
ハワイアンレイ材料一式
   
2色のリボンを中央で折り4本にして交互に編込み適当な長さのレイを作ります。最初にきちんと編込まないと徐々に形が崩れてしまいます。ポイントは手元の合わせ箇所をしっかり押さえリボンの折込みは丁寧に行う。左右交互に編込むので、時折「?」になったり、最初は戸惑いもありましたが慣れてくると皆集中して一気に仕上げました。
作品制作中

作品制作中Ⅱ
   
好みの長さまで編んだら2本のリボンをネックストラップのブルーの止めに結び、他のリボンはちょう結びを作ります。コモレアフラワービーズ(鮮やかな色の花と葉)を形よくセットし縫いつけて完成です。   
皆さん完成した色鮮やかなステキな作品ににんまり !! 時間の経つのも忘れる充実したひと時でした。
作品完成

   





平成25年5月のパソコンサロン(受講生交流会)
 今年2月からのサロンにご参加頂いた9名の方、およびサポータ10名が集まって交流会をしました。
皆さんがサロンで学習したあと、インターネットが十分に活用されているだろうか、パソコン操作で困りごとはないだろうか、近隣のパソコン教室が活用されているだろうか、などをフォローアップするため企画しました。またご意見を聞いて今後のサロンに生かしていくことを検討しました。


 まず、インターネットの活用状況を皆さんにお聞きしました。
(1) メール利用:毎日(33%)、ときどき(44%)、していない(33%)
(2) ネットスーパー利用:している(33%)、していない(67%)
(3) 図書の予約利用:している(0%)、していない(100%)
(4) PC立上げ:毎日(56%)、ときどき(44%)

 メールは、人とのつながりが出来て楽しいという方がいる一方、メールを利用されていない方もいました。でもそういう方も含め全員がパソコンを継続的に利用し、「検索」で調べ物をしたり、YouTubeで懐かしい音楽を聞いたり、株価を参照したり、インターネットを日々の暮らしに役立てていることが分かりました。

 ネットスーパー利用者は少数でしたが、未利用の方も便利なシステムなので、先には利用を始めたいとのことでした。

図書の予約利用は、されていませんでした。利用者カードの取得が遅れている様子でした。


 近隣のパソコン教室の利用をお聞きしました。
 66%の方が利用されていました。但し、カリキュラムが期待と異なるため止めた、忙しくて通い切れていない方を含んだ値です。
未利用者は何とか独学でやっている。でも不明点が沢山出てくる。教室に通いたいが重いパソコンの持ち運びが困難で見合わせている方がいました。


 全員から質問を受けました。
 インターネットに関しては、メールのアドレス帳の更新方法が分からない、TV・新聞で紹介された情報の入手方法が分からない、がありました。それ以外は、バックアップメディアは何が適切か、半角・全角の使い分けは、文字の入力モードの切り替えがうまくいかない、印刷がうまくできない、電源が勝手に落ちる、ソフト更新の可否が分からない、などパソコン使用時によくぶつかる問題が多く寄せられました。そして時間の許す範囲で、回答をしました。

 以上をお聞きして、サロンでの学習は皆さんの暮らしに役立っていると感じました。しかし、問題にぶつかったときに、気楽に相談できる場があれば安心できるとの意見がありました。そこで幅広く学習したい人には、マンツーマンで自由に質問出来る近隣教室を、悩みごとが限定的な人には、毎月開催されている無料のパソコン相談室を紹介しました。いずれもパソコンの持ち込み不要のところです。
 その一方で、分からないことが一杯あるが、どう質問したらよいか分からないと訴える方もいました。これまでもメールで質問して頂き、回答しましたが、そのハードルも高いようでした。今後はサロンの中で、「メールで質問を学習する」を追加すると、もっと気楽に相談して頂けるかも知れません。


 交流会で、新しい話題も提供しました。
・無料の電子図書の利用:パソコンで縦書き図書が読めます。図書の予約も不要です。
・タブレット端末は面白い:夜空に端末をかざして、星座鑑賞ができます。


 サポーターからインターネットの楽しみ方をアドバイスして頂きました。
・メールは便利、友人が広がる。友人と写真・動画の共有も簡単ですよ。
・興味あるものから始めよう。検索して見つかったら嬉しい。検索で百科事典は不要です。
・ネットでの買物も便利。出不精にならないよう気をつけて。
・アメリカの9.11事件のとき、電話が不通でもチャットで安否確認ができた。ネットは緊急時にも役立ちます。
・ネットで音楽を聞きながら、検索したり、文書を作る。生活に潤いがでます。
・ネットは繰り返し使えば慣れます。楽しみが増えます。高齢者にこそ役立つ道具です。


 交流会は初めての試みでしたが、過去の参加者同士が互いの様子を話し合ったことで、学習を継続する励みなったと思います。また私たちも今回頂いたご意見を参考にして、今後のサロン運営に生かしていきます。






Copyright © 桂台支えあい活動記録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。