桂台支えあい活動記録
桂台支えあいネットワーク(連絡会)の活動記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


心の健康講座  「うつの理解とかかわり方」
       うつと関わるー心からその人の存在をゆるす

 講師:一般社団法人ふれんず 栄こころの健康相談所所長 吉田尚友氏


5月29日、栄こころの健康相談所所長吉田尚友氏を講師に「うつの理解とかかわり方」の講座が開催されました。ボランティア分科会のメンバーを中心に参加者21人、グループ討議も交え、「うつ」についての理解を深めました。

DSC_0367 (500x332)


1.はじめに
「ゆううつ」ということばーこれは皆が持っている感情で、行動をした成果が思わしくない時に起こる感情である。何かをする気がなくなる→周囲が心配する→これからどうすればいいのか(生き方の問い直しが始まる)。
ひと休みして、新しく生きていくための、人に備わっている感情である。

2.「うつ」増加の背景
  なぜうつ病が増えているのでしょうか。衣食住の変化=大量消費、大量生産       
 の経済システムの変化が大きく影響している。
 ①「物」との交流=物を大事にする、一体感がなくなった。
 ②人間関係の喪失=「物作り」を通じた人との交流がなくなった。
 ③若い人が町へ=町で生活することで、人との繋がりが薄くなった。
 ④コンピューターの普及=現実よりバーチャルな世界へ。
 以上の様な状況は人間らしい生活をしているとは言えない。うつ病を引き起こすことになる。

3.「うつ」の捉え方
 うつになる原因についてはいろいろ考えられている。
① 神経伝達物質モノアミン(セロトニン、ノルアドレナリン)の不足
本人は自分が悪かったのではなく、脳内物質減少でうつになったと考えることで気が楽になる。以前は主流の考え方だった。これが原因のうつ病は、よい薬もできて薬を飲めば治るはずが、最近は治らない事例が出てきた。「新型うつ」と言われ、ここ数年は問い直しがされている。
② ストレス→脳(海馬)萎縮→感情の低下
認知症の人に多くみられる。
③ 過剰活動→エネルギーの不足→興味・関心の低下
何かを一生懸命やって、あるいは過剰に思考した結果、エネルギーが枯渇する。
休養することがとても大事。

4. 「うつ」との関わり方
「うつ」の人とどう関わればいいのかを考える。うつが重篤な場合、体を動かすことができない、部屋を閉め切って布団に寝ている状態が多い。その時、私たちはどうすればいいのか。エネルギーの回復をめざす為に4つの方法がある。
① 声かけをする=声をかけても反応がない→拒否をされる→そばにいるだけ
私は科学の考え方としては対象にはなりにくいが、「気」という概念が人間関係では大事だと思っている。例えば気が上昇するとか、気が合うなどとよく言われるように、人が出会うと互いに「気」が出てくる。人がそばにいるだけでも「気」が少しは出てくる。
② 会話をする=話をすると「気が楽になる」。会話は大事で、相手が話してくれるようなかかわり方—傾聴をする。無条件の肯定的な配慮をする。
 聴=耳と10個の目と心で聞く。聴には「許す」という読み方がある。
 傾聴①相手の発した言葉をそのまま返してみる。あなたの状態をすべて「許す」という接し方。本人を許していないのは当人なのだから、関わる側は心からの「許し」のまなざしで接することが大切である。
③ 物との交流=心地よい状況をつくる。部屋を片付けたり、食事をする。自然にふれる。
 薬は医師との関係の中で投与されることが大事である。薬に対する不信感(医師への不信感)があると治療ができない。
④ 人との関係形成=その人が、他の人とつながっていると思える関係をつくる。

吉田先生の講演後、グループ討議に移りました。ボランティアとして地域に関わってきた経験を通して、実際に「うつ」の方にどう対処したか、困ったことなど話し合いました。感想と主な質問を上げます。
DSC_0378.jpg   
<熱心なグループ討議の様子>
DSC_0382.jpg  
<各グループの代表から貴重な質問が出されました>

<質疑応答>
Q. うつは治ってもくり返すことはありますか。
A. 難治性うつ病など、再発もある。
Q. 自分がうつだったのかと気づかされた。あのときは抗うつ剤と休養することで、
  治すことができた。
A. 心身を休めることはとても大事。休養してエネルギーの補給をする。DSC_0381.jpg

Q. 助けられなかったと気に病んでいる人がいる。どんな声かけをすればいいか。
A. 詳しい状況が分からないので、うまく言えないが、まずは会ってみて感じたことを 
 相手に伝える。何かをしてあげるのではなく、その人の存在を認める肯定的な姿勢が大事。
Q. うつにならないための予防は?
A. 人との交流、自然や物との交流をする。

スポンサーサイト


音楽療法  ~音楽で元気づくり~
平成23年12月19日にボランティアグループ分科会の12月の研修会が桂台地域ケアプラザで開催され、㈱キートン/高橋亮太郎氏から①防災と減災に対する音楽の効用、②その手段としての「音楽療法」について、解説、指導頂きました。
111219bbk-10.jpg
講義する高橋さん

キーボード、各種リズム楽器、ハンドベルやトーンチャイムなどを駆使し、参加者全員で楽器を奏で、歌を歌っての楽しい雰囲気の研修会となりました。

111219bbk-2.jpg
高橋さんの指揮により皆で歌う

◇講演「防災と減災」
音楽は防災には役立たないが、減災には有効です。たとえば、震災後、がれきの撤去はできるが、人の心の復興は容易ではない。音楽の不思議な力を利用して心の中の吐き出せない重荷を吐き出させることが出来たりする。また、知らない人同士が一緒に歌うことで、思いを共有でき、お互いの壁を取り除くことも出来るし、その場の良い雰囲気が同心円状に広がり、絆が生まれることもあります。
ただ、さあ歌いましょうと言っても、簡単に皆がついてきてくれ、その場が盛り上がるわけではなく、工夫してそれなりのやり方をする必要があり、その方法が模索されているのが現状です。
導入の段階が重要で、「音楽で体を動かしましょう」から入るのが、無難で、理に適っているようです。まずは講師と参加者の波長を合わすことが必要です。最初はしっくりいかなくても、一度周波数が合ってしまえば、後は比較的にスムーズにいくでしょう。ぜひ皆さんそれぞれにオリジナルな導入方法を考えてみてください。また、継続して実施することも重要です。
最初に取り上げる曲としては、皆が知っていて、リズムが良い曲が良く、ご老人の場合に盛り上がる曲の代表は、①上を向いて歩こう、②星影のワルツ、③北国の春です。


◇地域における高齢者向け音楽活度について
種々の方法を説明しながら、参加者全員で実際に歌い、リズム楽器を奏で、頭の体操などを楽しく体験しました。


111219bbk-1.jpg
楽器の説明

111219bbk-3.jpg
キーボードの伴奏で歌う

111219bbk-8.jpg
リズム楽器で、拍子をとりながら歌う

111219bbk-6.jpg 111219bbk-5.jpg
ベートーベンの「よろこびのうた」を、ハンドベルを奏でながら歌う

大事なことは、①対象者の平均的な認知度を勘案し、少し上(難しい)程度のレベルを実施すること、②老人には、高音が聞こえ難いし、声も出ないので、キーを3~4度ほどさげ、リズムを取りやすくすること、③自分に閉じこもりがちな人には、無理強いしなくてもよく、引き出す様工夫する。
 ・歌を歌う→呼吸機能の活性化につながる
 ・リズム楽器を使う→自然に上肢(手、指、腕など)の運動につながり、自分の奏でた音が聞こえるまたは、ぶつける刺激が伝わる事などにより、脳を刺激し、認知機能の活性化につながる。
 ・頭を使う方法
  新しい事や難しいことに挑戦することが、認知機能をフルに使う事につながる
  (1)参加者を2グループに分け、別の歌を交互に歌う
  (2)音楽に合わせ、自分じゃんけん(相子無し)
  (3)ながらエクササイズ(音楽を歌いながら、糸巻巻をするなど)
  (4)ハンドベル演奏→自分が鳴らすタイミングを考える事が良い効果につながる 
  (5)手拍子遊び(講師の手拍子をまねる)→短期記憶のトレーニングにつながる


111219bbk-9.jpg 111219bbk-7.jpg
参加の皆さんも大いに楽しんだようです

[参考]
◇音楽療法とは、
音楽を聴いて楽しい、すっきりしたなど気分に変化を感じたことは、誰にでもあると思います。そのように、音楽には不思議な力があり、その力を最大限に使って、心身ともに健康にしてくれることが音楽療法で、音楽を聴くだけでなく、楽器を弾いてみる、歌を歌うなども含まれます。
特に高齢者施設、自閉症やダウン症、脳性麻痺などの子供達に多く利用されおり、痴呆症や身障者にも身体機能の回復や進行停止などに用いられています。








Copyright © 桂台支えあい活動記録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。