桂台支えあい活動記録
桂台支えあいネットワーク(連絡会)の活動記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ディサービスの夏祭り
 桂台地域ケアプラザのディサービスの夏祭りがありました。一緒に夏祭りに参加したのは、地域の桂台小学校の3・4年生と藤の会の皆さん。

 まず最初に小学生によるソーラン節がディの利用者さんの前で披露されました。日頃、学校の授業でも取り入れられているそうで、練習の成果がよく発揮された、力強くて愛らしいダンスでした。見入る利用者さんの後方で、大勢のお父さん、お母さんがビデオカメラを構えて、応援する姿が印象的でした。

小学生によるソーラン節

 次は藤の会、職員と利用者さんが一緒になった盆踊りです。最初は恥ずかしがって見るだけだった小学生も途中から一緒になって踊りました。タイコを囲んだ踊り手の輪が大きくなって、更に夏祭りらしくなっていきました。数曲を踊ったあとの最後は「栄区音頭」。さすが地元も子。小学校は全員が「栄区音頭」を良く知っていて、とても盛り上りました。

小学生も一緒になって盆踊り

 次は職員による出し物です。まずは大迫力なタイコのソロ演奏。職員の隠れた才能に惜しみない拍手と、日頃の仕事振りからは想像つかない変身ぶりに、同僚から驚きの声が上がっていました。
 続いて男女2組による二人羽織。お化粧をしたり、熱いそばを食べる芸が披露されましたが、二人の息の合った(合ってない?)素晴らしい芸に爆笑の連続でした。

大迫力のタイコ演奏 二人羽織を熱演中 スイカ割り

 最後は、小学生と利用者さんそれぞれによるスイカ割りがあり、そして用意された冷えたスイカをご馳走になって締めました。

 利用者さんと地域の人々が一体となった楽しい夏祭りができました。利用者さんからは、「童心に返ったようだった」「興奮したよ」「みんなで楽しめたよ」などの感想を頂きました。

スポンサーサイト




Copyright © 桂台支えあい活動記録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。