桂台支えあい活動記録
桂台支えあいネットワーク(連絡会)の活動記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アクティブシニア講座 Ⅱ
「コンピューターおばあちゃんの希望のつくり方」のテーマでメロウ倶楽部副代表マーチャンこと若宮正子氏と読売新聞社会部次長若江雅子氏の講演会が開かれました。
☆若宮 正子氏(マーチャン)

パソコンライフの話をするマーチャン


★年寄りは日本の大切な資源である !
激動の時代を乗り越えた貴重な体験や社会生活の基本、前の世代から引き継いだ確かなものづくりの基礎等たくさん持っている。
シニア自身も自分の居場所、役割を探して出来る範囲で人のために役立ちたいと思っている。

シニアは希望の星


★シニアパワーを発揮する為には3つの必要な要素がある !
1.シニアのやる気
  自分たちは日本や地球の大切な資源、大切な存在であることを自覚する。
2.しっかりしたコーディネート体制
 困っている人を一人で支えるのは困難でも、複数の人達で少しずつ支援することは可能なのでコーディネーターはニーズを把握し、シニアのやる気を理解し協力して助ける。
3.それを支える情報力
 ニーズのある人たちとパワー・やる気・専門知識・資格・技術のある人たちを瞬時に結びつけるためには情報力は欠かせない。そのためにはデジタル機器が使えることが必要になってくる。

★コンピューター(インターネット)
 ・シニアの心強い味方で地球上のどこに住んでいる人とも情報交換でき、世界と自分をつなぐ心の窓である。

☆若江 雅子氏
「ネット社会の光と影(闇)」というテーマで、ネット関係の事件や事象について最近の事件を例に出され、便利に使いこなすと同時に危険に巻き込まれない心構えが重要であることや、子どもたちのネット依存の問題点など興味深い内容でした。

読売新聞若宮氏の話



☆講演終了後の質疑応答時にはネット社会に多少アレルギーを持っている世代から幅広い質問や参加者の率直な感想等内容の濃い2時間でした。
 
熱心に聴講するシニアの皆さん
スポンサーサイト




Copyright © 桂台支えあい活動記録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。