桂台支えあい活動記録
桂台支えあいネットワーク(連絡会)の活動記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


すぐに役立つ料理教室
 「身近な食材で地元のプロの料理を学ぼう」と銘打った料理教室が桂台ケアプラザでありました。講師は地元・犬山町にあるベジタブルキッチン菜の店長:上原伸一氏。生徒は多数の申込者の中から抽選でラッキーを得た12名(女性:9名、男性:3名)で、3グループに分かれて学習しました。

調理方法を説明する講師の上原氏


メニューは
①チョコソースのプリン
②阿部鶏の胸肉ボイルのサラダ・カレーマヨネーズ風味
③ガスパチョ(冷製トマトスープ)
④アクアパッツア(魚蒸し料理)

講師のお店の料理ジャンルはイタリア、本日のメニューも南欧イタリアとスペイン料理です。使う食材には、こだわりの地産地消のものが用意されていました。


①チョコソースのプリン 
 最初は初顔合わせ同志で、やや固さがありました。でも講師の話術もあって徐々に打ち解け、協力して調理が進んでいきました。プリンに使った卵は、味にはっきりとした違いが出るということで、高級な伊勢原産の寿雀卵でした。黄身がとてもしっかりしていました。

協力してプリン液を作っています

協力して、プリンカップに静かに注ぎます


②阿部鶏の胸肉のサラダ・カレーマヨネーズ風味
 近くの肉屋さん(犬山町)から仕入れた有名ブランドの「阿部鶏」。ポイントは沸騰した湯に鶏肉をいれて、再沸騰したら火からはずして15分放置する。そうすることで、熱がゆっくり入りパサパサ感が避けられると教わりました。
マヨネーズは手作りです。材料は卵黄、マスタード、サラダ油、白ワインビネガー、塩、こしょう、カレーパウダー。でもそのうちの主成分は(95%以上)がサラダ油だと手作りして始めて知り、ダイエットの敵と理解しました。また冷蔵しても賞味期限は1週間との説明に、常温で1年も保存できる市販品は、どうなっているのだろうと全員が疑問を持ちました。マヨラー返上を誓った生徒さんもいました。

協力して、マヨネーズ作り。だんだん重くなってくる。

先生の手さばきに感心


③ガスパッチョ(冷製トマトスープ)
 野菜を洗い、ざく切りにしてミキサーで回す。ポイントはトマトジュースを加えて、出来上がり量を調整する。そして冷やして出来上がり。食材は鎌倉野菜でした。

鎌倉野菜


④アクアパッツア
 メインディシュは魚の蒸し料理です。魚はこれも近くの魚屋さん(ネオポリス)から仕入れたカサゴを使います。この料理はスピードが勝負です。下処理した材料をすべて揃えておき、一気に作ります。まず講師に手本を見せて頂きました。とても手際よく白ワインや出来上がり直前にかけるバージンオイルなどは、「はい、フライパンにふた回りさせます。」と豪快。料理の鉄人を見るようでした。そのあと皆さんも挑戦し、遜色ないアクアパッツアができました。

アクアパッツアの出来上がりです


 講師は時間配分を気にされていたようですが、3時間ほどかけてすべてが完成しました。テーブルクロスが敷かれ、ホテルレストランを醸す中での食事が始まりました。料理の批評、反省、講師からの講評を交えながら歓談をしました。

4品が完成しました

いただきます!


最後には、皆さんから感想が述べられました。
・美味しい料理が身近にある素材で出来ることが分かった。早速家でもやってみたい。
・大変良く教えて頂いたことが嬉しかった。自分でも出来るようにしたい。お店にも伺いたい。
・魚と言えば、煮魚、焼魚だった。アクアパッツアにも挑戦したい。
・こんなに贅沢な食材を使っているのに、安い会費で申し訳ない。
・塩の使い方を教えて頂いた。「塩加減をみるのではなく、素材の美味しさを引き出したかをみる。」
 今後の料理の参考になった。
・プロの料理教室、ぜひまた参加させて頂きたい。
 などなど。

なお講師は、Facebookページをご利用されています。検索するとお店の詳細が分かります。


スポンサーサイト




Copyright © 桂台支えあい活動記録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。