桂台支えあい活動記録
桂台支えあいネットワーク(連絡会)の活動記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年9月のパソコンサロン
 8月のパソコンサロンは夏休みを頂きました。

毎日が夏休みの身ゆえ、改めて休む必要もないだろうとの声もありました。
そこで、いつも通りボッーと夏休みを消化しながらも、何か新しいものをパソコンサロンで紹介出来ないかと検討しました。

その結果、パソコンの遠隔操作を思いつきました。

さて、今日9月4日からパソコンサロンを再開。
今月の参加者は5名で全員女性です。
サポータも夏休みから復帰して、マンツーマン体制を維持できる5名が揃いました。

いつも通りのサイト紹介が一段落したところで、「新しいインタネットツールを紹介します」と切り出し、デモを開始しました。
2台のパソコンがそれぞれ同じツールを起動して、被操作側に表示されたID、パスワードを操作側に伝えます。
操作側がそれを入力すると両者のパソコンがつながります。
被操作側の画面が操作側の画面に、そっくり表示されます。
被操作側がソフトを起動したり、設定変更の操作をすれば、その様子が操作側の画面にもリアルタイムで反映されます。
遠隔操作ツールですから、操作側からも同様なことができます。
同時に、スカイプを起動しておけば、両者が会話しながら、また姿を確認しながら操作を進めることもで出来ます。

参加者からは、これもインタネットによるサービスなの?
料金はかからないの?
これを使えば、パソコン操作で困ったときに、離れて暮らす息子、娘たちに簡単に助けてもらえるわ!
と、好評でした。
サポータからも結構使えるね!、と評価してもらいました。

最後に1点、注意を加えました。
操作側には、被操作側のパソコンの中身が丸見えになります。
よって、つなぐ相手は、信頼のおける人に限定してください。
具体的には家族間限定がお勧めです、とお伝えしました。

遠隔操作のイメージ
スポンサーサイト




Copyright © 桂台支えあい活動記録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。