桂台支えあい活動記録
桂台支えあいネットワーク(連絡会)の活動記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第7回ぬくもりが開催されました
(写真はすべてクリックで拡大します)

 明日が東日本大震災から2年目となる日に、第7回の世代間交流サロン「ぬくもり」が桂台地域ケアプラザで開催されました。

 3.11に因み受付の横に防災学習コーナーが設けられました。講師は横浜栄防災ボランティアネットワークの皆さんです。

nukumori7_4 (800x600)


 大震災時の被害映像を観たあと、この地域では津波の心配はないが、家具転倒、火事、地滑りによる死傷が増えると予想されます。家具の転倒防止対策は簡単にできます。怠らないようにしましょうと強調されていました。
また「もしもの時の簡単レシピ」10種類ほどが紹介され、そのうち2種の試食が用意されていました。試食された皆さんからは、備蓄食材に一工夫加えることで、火入らずで飽きがこない食事が摂れると好評でした。

 防災グッズの中には、単三電池が単一・単二電池に変身するアイデア商品がありました。これなら単三をストックするだけで済む。重くてかさばる単一・単二の買置きが不要で、しかも期限切れで破棄する手間も防げると皆さんの関心を惹いていました。


 防災コーナーの隣には民生委員児童委員協議会による「民児協PRコーナー」がありました。活動を知って頂くためのアンケート記入に多くの方が協力していました。

 今回、壁にはパッチワークが展示されました。すべて手作りとのことでしたが、畳1枚ほどの大作が何枚も飾られ圧倒されました。

 レストラン「ぬくもり」では男性料理教室「MKS」によってランチセットが提供されました。ホワイトシチュ―、パン、デザートで¥250。今回も美味しくいただきました。ご馳走さま。


nukumori7_3 (800x600)


 また昭和史友の会による「昭和の生活用品・遊び道具」の展示がありました。蚊帳、ちゃぶ台での食事の様子、タライと洗濯板、蓄音器、お人形、戦時中のガラス戸、黒電話、火鉢等々、シニア世代にとっては懐かしい用品でしたが、孫世代には見たこともない不思議なものだったでしょう。孫たちと昔から現代への発展の歴史に会話が弾んだことでしょう。

nukumori7_2 (800x600)

 
 メインイベントは野村和子フラメンコ教室による「フラメンコ」でした。生演奏、踊り総勢17名の方が1時間強もご披露してくださいました。

nukumori7_1 (800x600)


 美しい衣装に帽子、ショール、カスタネットを持ってのフラメンコ、声量豊かな歌声、フラメンコギターに観客はおおいに魅了されていました。

 途中、観客を交えての体験教室もありました。最初は小さかった「オレィ」の掛け声も練習するうちに、何とかサマになってきました。振付もうまくできるようになりました。「上を向いて歩こう」の伴奏に合わせて、全員がひとつになって歌い、踊りました。


3月なのに、外が初夏の陽気になったのは、情熱の国スペインからの熱い風を呼び込んだせいだったのでしょう。


次回のぬくもりは、平成25年6月16日(日)を予定しています。お楽しみに・・・。





トラックバック
TB*URL





Copyright © 桂台支えあい活動記録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。