FC2ブログ
桂台支えあい活動記録
桂台支えあいネットワーク(連絡会)の活動記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


平成25年5月のパソコンサロン(受講生交流会)
 今年2月からのサロンにご参加頂いた9名の方、およびサポータ10名が集まって交流会をしました。
皆さんがサロンで学習したあと、インターネットが十分に活用されているだろうか、パソコン操作で困りごとはないだろうか、近隣のパソコン教室が活用されているだろうか、などをフォローアップするため企画しました。またご意見を聞いて今後のサロンに生かしていくことを検討しました。


 まず、インターネットの活用状況を皆さんにお聞きしました。
(1) メール利用:毎日(33%)、ときどき(44%)、していない(33%)
(2) ネットスーパー利用:している(33%)、していない(67%)
(3) 図書の予約利用:している(0%)、していない(100%)
(4) PC立上げ:毎日(56%)、ときどき(44%)

 メールは、人とのつながりが出来て楽しいという方がいる一方、メールを利用されていない方もいました。でもそういう方も含め全員がパソコンを継続的に利用し、「検索」で調べ物をしたり、YouTubeで懐かしい音楽を聞いたり、株価を参照したり、インターネットを日々の暮らしに役立てていることが分かりました。

 ネットスーパー利用者は少数でしたが、未利用の方も便利なシステムなので、先には利用を始めたいとのことでした。

図書の予約利用は、されていませんでした。利用者カードの取得が遅れている様子でした。


 近隣のパソコン教室の利用をお聞きしました。
 66%の方が利用されていました。但し、カリキュラムが期待と異なるため止めた、忙しくて通い切れていない方を含んだ値です。
未利用者は何とか独学でやっている。でも不明点が沢山出てくる。教室に通いたいが重いパソコンの持ち運びが困難で見合わせている方がいました。


 全員から質問を受けました。
 インターネットに関しては、メールのアドレス帳の更新方法が分からない、TV・新聞で紹介された情報の入手方法が分からない、がありました。それ以外は、バックアップメディアは何が適切か、半角・全角の使い分けは、文字の入力モードの切り替えがうまくいかない、印刷がうまくできない、電源が勝手に落ちる、ソフト更新の可否が分からない、などパソコン使用時によくぶつかる問題が多く寄せられました。そして時間の許す範囲で、回答をしました。

 以上をお聞きして、サロンでの学習は皆さんの暮らしに役立っていると感じました。しかし、問題にぶつかったときに、気楽に相談できる場があれば安心できるとの意見がありました。そこで幅広く学習したい人には、マンツーマンで自由に質問出来る近隣教室を、悩みごとが限定的な人には、毎月開催されている無料のパソコン相談室を紹介しました。いずれもパソコンの持ち込み不要のところです。
 その一方で、分からないことが一杯あるが、どう質問したらよいか分からないと訴える方もいました。これまでもメールで質問して頂き、回答しましたが、そのハードルも高いようでした。今後はサロンの中で、「メールで質問を学習する」を追加すると、もっと気楽に相談して頂けるかも知れません。


 交流会で、新しい話題も提供しました。
・無料の電子図書の利用:パソコンで縦書き図書が読めます。図書の予約も不要です。
・タブレット端末は面白い:夜空に端末をかざして、星座鑑賞ができます。


 サポーターからインターネットの楽しみ方をアドバイスして頂きました。
・メールは便利、友人が広がる。友人と写真・動画の共有も簡単ですよ。
・興味あるものから始めよう。検索して見つかったら嬉しい。検索で百科事典は不要です。
・ネットでの買物も便利。出不精にならないよう気をつけて。
・アメリカの9.11事件のとき、電話が不通でもチャットで安否確認ができた。ネットは緊急時にも役立ちます。
・ネットで音楽を聞きながら、検索したり、文書を作る。生活に潤いがでます。
・ネットは繰り返し使えば慣れます。楽しみが増えます。高齢者にこそ役立つ道具です。


 交流会は初めての試みでしたが、過去の参加者同士が互いの様子を話し合ったことで、学習を継続する励みなったと思います。また私たちも今回頂いたご意見を参考にして、今後のサロン運営に生かしていきます。




第7回ぬくもりが開催されました
(写真はすべてクリックで拡大します)

 明日が東日本大震災から2年目となる日に、第7回の世代間交流サロン「ぬくもり」が桂台地域ケアプラザで開催されました。

 3.11に因み受付の横に防災学習コーナーが設けられました。講師は横浜栄防災ボランティアネットワークの皆さんです。

nukumori7_4 (800x600)


 大震災時の被害映像を観たあと、この地域では津波の心配はないが、家具転倒、火事、地滑りによる死傷が増えると予想されます。家具の転倒防止対策は簡単にできます。怠らないようにしましょうと強調されていました。
また「もしもの時の簡単レシピ」10種類ほどが紹介され、そのうち2種の試食が用意されていました。試食された皆さんからは、備蓄食材に一工夫加えることで、火入らずで飽きがこない食事が摂れると好評でした。

 防災グッズの中には、単三電池が単一・単二電池に変身するアイデア商品がありました。これなら単三をストックするだけで済む。重くてかさばる単一・単二の買置きが不要で、しかも期限切れで破棄する手間も防げると皆さんの関心を惹いていました。


 防災コーナーの隣には民生委員児童委員協議会による「民児協PRコーナー」がありました。活動を知って頂くためのアンケート記入に多くの方が協力していました。

 今回、壁にはパッチワークが展示されました。すべて手作りとのことでしたが、畳1枚ほどの大作が何枚も飾られ圧倒されました。

 レストラン「ぬくもり」では男性料理教室「MKS」によってランチセットが提供されました。ホワイトシチュ―、パン、デザートで¥250。今回も美味しくいただきました。ご馳走さま。


nukumori7_3 (800x600)


 また昭和史友の会による「昭和の生活用品・遊び道具」の展示がありました。蚊帳、ちゃぶ台での食事の様子、タライと洗濯板、蓄音器、お人形、戦時中のガラス戸、黒電話、火鉢等々、シニア世代にとっては懐かしい用品でしたが、孫世代には見たこともない不思議なものだったでしょう。孫たちと昔から現代への発展の歴史に会話が弾んだことでしょう。

nukumori7_2 (800x600)

 
 メインイベントは野村和子フラメンコ教室による「フラメンコ」でした。生演奏、踊り総勢17名の方が1時間強もご披露してくださいました。

nukumori7_1 (800x600)


 美しい衣装に帽子、ショール、カスタネットを持ってのフラメンコ、声量豊かな歌声、フラメンコギターに観客はおおいに魅了されていました。

 途中、観客を交えての体験教室もありました。最初は小さかった「オレィ」の掛け声も練習するうちに、何とかサマになってきました。振付もうまくできるようになりました。「上を向いて歩こう」の伴奏に合わせて、全員がひとつになって歌い、踊りました。


3月なのに、外が初夏の陽気になったのは、情熱の国スペインからの熱い風を呼び込んだせいだったのでしょう。


次回のぬくもりは、平成25年6月16日(日)を予定しています。お楽しみに・・・。




ぬくもり第6回(上郷西地区)が開催されました
 クリスマスが間近に迫った12月16日、第6回のぬくもりが桂台地域ケアプラザで開催されました。
今回も盛り沢山の催し物が用意されました。

 まずちびっ子たちが参加した餅つきからスタートです。つき上がった餅は、きな粉餅、あんこ餅に仕上げられ、豚汁、浅漬けと合わせて1食250円で参加者に提供されました。調理担当は、おなじみのヘルスメイトさんと男の料理教室(あさの会、エプロンおじさん)のコラボで、180食を手際よく作り上げました。

 カフェではコーヒーとクリスマスツリーに飾り付けられたドーナッツが100円で提供されました。
通路の壁の全体には、パステル画やクリスマスを祝う貼り絵が飾られ、華やいでいました。

クリスマスツリーの飾りはドーナッツ パステル画の展示コーナー クリスマスを祝う貼り絵作品



 また一緒に体験できるコーナーとして、石鹸に飾りつけするデコバージュや折り紙作りがありました。
民生委員さんのPRコーナーもありました。

石鹸デコバージュに挑戦 お楽しみコーナーで折り紙 自ら考えて仕事をするロボット


そして今回のメインイベントは、上郷中学の生徒さんによるロボット実演とブラスバンドです。

ぬくもりの出店・展示

 ロボット実演にはOBの高校生も応援に来てくれました。コンピュータを搭載した自律型ロボットです。盤面に引かれた線を読み取り、運ぶ対象の色の筒を探し、持ち上げて所定の位置に置きます。スムーズに動くロボットにも驚きましたが、中学生が市販のパーツを使ってロボット本体を作り、難しいC言語でプログラミングしていることに驚嘆しました。国際大会に出場した実力に納得です。
 なんと今日は、急遽リモコンで動くよう改造したロボットも用意して来てくれました。ちびっ子たちはこちらにも興味津々で、リモコン操作の順番待ちを競っていました。

 ブラスバンドは、クリスマスソングを交えながら1時間ほど演奏してくれました。最初は全員で、次は各パートに分かれて、それぞれの楽器説明と演奏が披露されました。楽器ひとつづつの音色と特徴が紹介されて、ブラスバンドに対する新たな興味が湧きました。最後には全員による手話を入れた合唱が披露されました。天使のような歌声と柔らかな手の動きに多くの人が魅了されたと思います。

ここをクリックするとブラスバンド演奏を動画でご覧になれます。

 多くの中学生が地域のちびっ子、お年寄りにロボットや楽器の説明を要領よく、丁寧してくれたことは、素敵な世代間交流でした。そして何よりも参加者の皆さんへの素敵なクリスマスプレゼントになりました。

次回のぬくもりは、平成25年3月10日(日)を予定しています。お楽しみに・・・。


ぬくもり第5回(上郷西地区)が開催されました
 9月30日(日)に上郷西地区の第5回世代間交流サロン「ぬくもり」が開催されました。
今回は、会場を始めて野七里地域ケアプラザに移し、1階のすべての部屋を使って沢山のイベントがありました。

nukumori240930.jpg   img007 (500x325)



 フリーマーケット

 子供たちによるフリーマーケットです。オープンの2時間前には商品を運び込み、陳列、値札付けに大忙しでした。「いらしゃいませ!」子供たちからの元気な呼び込みに、足を止めて商品に見入るお客さまで、賑わっていました。

フリーマーケットのお店が並びました いらしゃいませ、と元気な呼びこみ。売れるといいね。


 和太鼓演奏

 和太鼓「昇龍」の子供たちのグループ「ぴーひゃら」の団員20名による和太鼓演奏が披露されました。鉢巻きを絞めて、揃いの法被を着て、勇ましい姿で登場です。歌に始まり、笛の音色に合わせ、威勢のいい掛け声をかけながら太鼓をたたきます。子供たちの迫力ある演奏に会場の皆さんに大きな感動を与えていました。
 演奏の最後には、会場の皆さんにミニ・レッスンの時間が設けられました。でもリズムを取って、強弱をつけながらたたくのは簡単でなく、今日の子供たちの演奏は日頃の厳しい練習の賜物だと理解できました。
 リーダーから「ぴーひゃら」の団員を募っているとお話がありました。団員は和太鼓を通して、地域に親しみ、身体を鍛え、協調性も覚えていくのだろうなと思いました。

和太鼓「ぴーひゃら」の皆さん
腕が伸び、力強い演奏です。 観客も飛び入りで、たたき方を教えてもらいました。


 パステル画

 パステル画の制作には、老いも若きも大勢の人たちが挑戦しました。パステルは、乾燥した顔料を粉末状にし粘着剤で固めた画材で、カッターナイフ等で削ってスポンジで塗ったり、直接手で持って塗ります。
いろいろな型に切りぬいた台紙を使えば、簡単に描けるので一人で何枚も描く人がいました。


パステル画会場の様子 タッチ―君ともみじが描けました。


 油餅(ユーピン)

 調理室では子供たちによる「ユーピン」作りがありました。油餅と書いて「ユーピン」と読み、小麦粉で作る中国の郷土料理です。おやつやパン代わりになり、おつまみにも使えます。出来上がった「ユーピン」は懇談中の皆さんにも試食して頂きました。香ばしくて、生地は外がパリっとし、中はもっちりと美味しいと、とても好評でした。

これがユーピンです Youtubeを自在に使いこなす子供たち


 台風が夕方には接近すると予報されていましたが、雨に見舞われることなく無事に終わりました。
次回(第6回)は12月16日(日)に開催です。世代間交流サロン「ぬくもり」は、みんなにやさしい、ぬくもりのある出会いでつなぎます。次回も大勢の皆さんのお越しをお待ちしています。



ディサービスの夏祭り
 桂台地域ケアプラザのディサービスの夏祭りがありました。一緒に夏祭りに参加したのは、地域の桂台小学校の3・4年生と藤の会の皆さん。

 まず最初に小学生によるソーラン節がディの利用者さんの前で披露されました。日頃、学校の授業でも取り入れられているそうで、練習の成果がよく発揮された、力強くて愛らしいダンスでした。見入る利用者さんの後方で、大勢のお父さん、お母さんがビデオカメラを構えて、応援する姿が印象的でした。

小学生によるソーラン節

 次は藤の会、職員と利用者さんが一緒になった盆踊りです。最初は恥ずかしがって見るだけだった小学生も途中から一緒になって踊りました。タイコを囲んだ踊り手の輪が大きくなって、更に夏祭りらしくなっていきました。数曲を踊ったあとの最後は「栄区音頭」。さすが地元も子。小学校は全員が「栄区音頭」を良く知っていて、とても盛り上りました。

小学生も一緒になって盆踊り

 次は職員による出し物です。まずは大迫力なタイコのソロ演奏。職員の隠れた才能に惜しみない拍手と、日頃の仕事振りからは想像つかない変身ぶりに、同僚から驚きの声が上がっていました。
 続いて男女2組による二人羽織。お化粧をしたり、熱いそばを食べる芸が披露されましたが、二人の息の合った(合ってない?)素晴らしい芸に爆笑の連続でした。

大迫力のタイコ演奏 二人羽織を熱演中 スイカ割り

 最後は、小学生と利用者さんそれぞれによるスイカ割りがあり、そして用意された冷えたスイカをご馳走になって締めました。

 利用者さんと地域の人々が一体となった楽しい夏祭りができました。利用者さんからは、「童心に返ったようだった」「興奮したよ」「みんなで楽しめたよ」などの感想を頂きました。





Copyright © 桂台支えあい活動記録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。